立山・剱沢・雷鳥沢・御山谷たてやま

何年も前から計画して未だ実行できずにいた「剣沢から池ノ平・大窓を経て白萩川を滑って馬場島へ至る」長大なルートの大滑降。
今年こそは!と、挑んでみましたが、またもや天候に恵まれず残念な結果に終わった記録です。(画像は5日)

<5月3日(日)>
メンバーは山スキーはベテランの男5人で申し分ない。今年こそは白萩川を大滑降! と、期待が膨らむ。
立山駅は相変わらずの長蛇の列。整理券の順番によって私とSさんの2人だけ先に行くことになる。
雷鳥沢を登っている12時頃から天気が怪しくなり、剣沢小屋への剣沢滑降は強風と視界ゼロ。目印の旗と勘によって13時過ぎ剣沢小屋に到着。
小屋から一歩も出られず夜になる。後続の3人は落ち合うはずの剣沢小屋にはとうとう来なかった。

剱御前小屋から奥大日岳 晴れてはいますが風が強く地吹雪
剱御前小屋付近から剱岳(左)

<5月4日(月)>
強風は少しも治まる気配を見せず吹き荒れている。今回の計画を断念し、あとの3人が剣御前小屋にいるかもしれないと思い地吹雪のなか剣沢小屋を出て上へ向かう。
途中で、昨夜はここに雪洞を掘ってビバークしました、と言う男性に会った。剣御前小屋まで100mほど手前だが、昨日は自分がどこにいるのか全く分からなかったと言う。

我々の仲間の3人組は剣御前小屋にも来ていなかった。
雷鳥沢の上部はカリカリのアイスバーン。スキーのエッジを立てて少し下ってみたが度々視界ゼロになる最悪の条件。
相棒のSさんに「剣御前小屋に戻って、もう一泊しよう!」と、叫んだが、アイゼンを持って来なかったSさんは「この斜面を登り返す自信がない。俺は下りる!」と、言い残すと同時に視界から消えてしまった。
スキーを吹溜りの雪にデポし、アイゼンとピッケルで殆んど氷のようなカリカリの斜面を100mほど引き返した。距離的には小屋付近まで登っている筈だし、風のうなりの合間にラジオの話し声なども聞こえるから、もう小屋に到着していいはずだが全く何も見えない。
風が一瞬弱くなった瞬間に左下に小屋の屋根が微かに見えた。既に小屋を通り過ぎて別山の方向へ進んでしまっていた。
その日の夜のニュースはあちこちの山で遭難者が続出していることを告げていた。

剱御前小屋付近から剣沢俯瞰

<5月5日(火)>
吹雪の翌日は足跡一つシュプール一本残っていない。 足跡を付けるのがもったいないような素晴らしいバージンスノーの世界だ!!
しかも快晴!! 視界良好で気分は最高。 だけど相変わらず風は強い。
雷鳥沢にシュプールを刻む。下まで滑り下りると、嘘のように風はなく暑い日差しが容赦なく照りつけている。

一ノ越に向かう長い列に合流して一ノ越へ。山荘前に立つとやっぱり強風が吹き抜けている。風にはためくシールをやっとの思いでリュックに仕舞い込んで御山谷に飛び込んだ。風が作った真新しいキャンバスのような斜面には既に何本かのシュプールが・・・。 それに一本追加する。
程よく締まった雪はスキーによく馴染んで快適だ。
しかしそれも屈曲点まで。下部は茶色く汚れた軟雪がブレーキになって板が思うように滑ってくれない。末端で沢を渡ると御山谷滑降は終了。 そのあと約1時間、土に汚れた雪道を歩いて黒部ダム。 ケーブル、ロープウェーを乗り継いで大観望に来てみると人影もまばら。
帰ったと思っていた後続組の3人に出会って、いっしょに弥陀ヶ原まで滑る。 心配していたSさんは雷鳥平の小屋に泊まったと聞いた。


剣沢上部から別山方向

剱御前小屋付近から室堂平俯瞰(中央)と
地獄谷(中央雪のない部分)
地吹雪に霞む奥大日岳 稜線上を行く登山者と奥大日岳 雷鳥沢

地吹雪に霞む剣御前小屋(中央)
北側の谷から風が吹き上げてきます(右)
雷鳥沢途中から上部を振り返る 御山谷俯瞰 (5日)
データ
  • 1992.05.03(日)
男(5)
室堂
 

 

 

剱御前小屋
 

 

 

剣沢小屋(泊)
 

 

 

剱御前小屋(泊)
 

 

 

御山谷
 

 

 

黒部ダム
 

 

 

室堂
 

 

 

弥陀ヶ原
歩行距離
行動時間
約11.9km

 

その他の記録
ほかの参考サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム山スキーメニュー > 立山・剱沢・雷鳥沢・御山谷