鍋倉山・藤倉山なべくらやま・ふじくらやま (643.5m)

今回は福井県南越前町(旧今庄町)の西に屏風のように街を取り囲んでいる鍋倉山・藤倉山を縦走しました。
新緑のブナ林が美しいハイキングコースでした。もう少し早い時期なら下山口の神社裏の登山口にはカタクリの群生地がありむらさきの絨毯のようで大変美しいところです。
この山は関西方面からも比較的近く、駐車場には県外ナンバーの車が目立ちました。

八十八ヶ所弘法寺登山口 藤倉山周辺ハイキングコース案内板
スタートは今庄の北の街はずれの赤い旗が立ち並ぶ八十八ヶ所弘法寺への登山口です。
駐車場には運良く1台分空がありました。
登山口のハイキングコース案内板
つづら折れの登山道 満開のヤマツツジ 登山道は春の花が満開です。
ヤマツツジ
ガマズミの花
ガマズミ
八十八ヶ所のお地蔵さん
小さな橋ごくらく橋
ごくらく橋
今庄の町並みを見下ろしている女性陣 弘法寺裏の藤倉山ハイキングコース標柱
弘法寺裏のハイキングコース標柱

弘法寺の手前に赤い小さな橋があり、「ごくらく橋」と書いてあります。現世と極楽をつなぐ橋でしょうか?
カメラマンの私は既に極楽入りしています。

これから極楽入りする女性陣。
まだ、シャバに未練があるのでしょうか?何やら、しょんぼりと下界を見下ろしているではありませんか?

ブナの新緑の中の登り。きょうのルートで最も美しい所でしょう(下)

藤倉・鍋倉鞍部付近の新緑のブナ林 鍋倉山からかなり下って再び登り返し、遥か遠くに思えた尾根にやっと出ました。
地図にはありませんが画像手前(西)に延びるはっきりした尾根道がありました(下)
藤倉の尾根に到着
「登ってみねの福井の山」の山歩会の札
大型動物の糞 今や福井の山のバイブルとなった「登ってみねの福井の山」の編集者山歩会の標識(上)
ブナの若葉が美しい鞍部の道 大型動物の糞

途中に大型動物の糞、出現!ニホンカモシカ?クマ?そこで何を食べているか中身を調べてみました。(上)
匂いは殆んどなく植物の繊維質ばかりで、牛の糞そっくりでした。たぶんニホンカモシカの糞でしょうか・・・?

藤倉山々頂からのパノラマ(3枚合成)
さすがは二等三角点。北から東の展望は抜群です。左のピークは越前富士の日野山、右の稜線は笹ヶ峰

藤倉山の下りにも、きょう2回目の美しいブナ林がありました。駐車場に関西・中京方面の県外ナンバーの車が目立つ理由もうなづけます。

40分余りの長い長い急坂の下りを終って、ほっと一息入れるのにちょうど良い所がここ燧ヶ城跡です。(中央)

藤倉下山途中のブナ林 燧ヶ城跡 山頂の三角点と反射板
二等三角点 藤倉山々頂 463.5m)
三角点の横には大きな反射板


愛宕山登山口へ降り立つ
燧ヶ城跡は愛宕山とも言うようです。
ホウチャクソウ この辺り、この時期はホウチャクソウが群生していました。(左)
もう少し早い時期に訪れると カタクリが群生していて林床を赤紫に染めます。
新羅神社で参拝 女性陣が新羅神社に何やらお願いしている間に、運転手兼、カメラマン兼、編集長の小生はもう一仕事。
八十八ヶ所登山口まで800mを車をとりに急ぎました。
下山した新羅神社の横手には「愛宕山登山口」の石碑がありました。
データ
2003.05.02(金)
男(1) 女(4)
八十八ヶ所登山口
1.0km

10:38

 

八十八ヶ所弘法寺
1.3km

11:25

12:24

鍋倉山頂
0.5km

12:53

 

鍋倉・藤倉の鞍部
0.7km

13:08

 

藤倉の尾根
0.8km

13:46

14:01

藤倉山頂
2.3km

14:40

15:45

燧ヶ城跡
0.7km

15:54

 

新羅神社登山口
1.2km

16:15

16:28

八十八ヶ所登山口
歩行距離
約8.4km
行動時間
約5時間51分
アーカイブ