瀬波温泉砂丘のみち

 

この道を歩いたのは北海道宗谷岬から「e旅 歩き旅」と題して、徒歩の旅を続けて45日目(通算59日)の「村上駅前~藤塚浜」36.9kmの内の前半部11.2kmです。
昨夜の宿はちょうど村上駅前のビジネスホテル「タウンホテル村上」だったので、この道の基点(村上駅前)から終点(石船神社)まで全コースを歩くことができました。
基点の村上駅前

瀬波温泉砂丘のみち

厚生年金ウェルハートピア新潟瀬波
砂丘の道を歩いていると、やがて海岸沿いに建ち並ぶ瀬波温泉のホテル群が見えてきます。
上は今回予約が取れなかった「厚生年金ウェルハートピア新潟瀬波」
瀬波温泉には与謝野晶子も訪れたようです。
砂丘の遊歩道には与謝野晶子の歌碑が所々に建っていました。
この松林の中の砂丘の道は「与謝野晶子歌碑の道」として地域の人に親しまれているそうです。
右の歌碑には 『晶子がこの地を訪れたのは昭和12年2月で、今はなき「養真亭」に宿をとり45首の歌を詠みあげた』 とあります。
     『いずくにも 女松の山の裾ゆるく
          見ゆる瀬波に鳴る雪解けかな』

こちらは昔からの温泉街のようです

こちらは日帰り専用温泉 市営かな?
今はどこの温泉でもお馴染みの足湯。源泉が70℃もあるので、こうして時々水を注さないと熱すぎるそうです

瀬波温泉は明治37年4月石油採掘の目的で掘っていたところ、突然約250mの井底から90度の熱湯が噴き出し、その高さは27mにも達したそうです。
現在、噴湯場(温泉の井戸)は11ヶ所もあるそうです。


すずきヶ池

諸上寺公園からの日本海


道玄池
瀬波温泉までは「与謝野晶子歌碑の道」をほぼ真っ直ぐに歩きますが、瀬波温泉からの後半部は「すずきヶ池」「道玄池」「諸上寺公園」などを縫うように歩きます。「諸上寺公園」はさくらの名所であるようです。
     『花を見るなら 岩船の諸上寺  梅に桜につつじに椿  咲いてからまる藤の花』

諸上寺の山門 山門から・・・ 諸上寺の本堂
途中、所々にある「与謝野晶子歌碑」の説明によると、諸上寺は 「♪ しょ、しょ、諸上寺 ♪ 諸上寺の庭は・・・・・」 の童謡にある諸上寺のようです。
歌の中だけにある架空のお寺かと思っていましたが、どうやらあの子供の歌にも深い由緒がありそうです。
本堂の屋根はちょっと見たことがない形をしていました。この本堂は1826年の火災の後に建立されたものだそうですが、それでももう百数十年も経っています。
近い内に石船神社のお祭りがあるのでしょう。
山車の用意がすっかり整っていました。
石船神社のお祭りはこの辺りでは有名なお祭りのようです。
石船神社 山車
自然歩道歩きが目的ではなかったので、石船神社には立ち寄りませんでしたが、由緒ある神社のようでした。
神社のあるこの町は岩船というので、ひよっとするとこの石船神社も「いわふねじんじゃ」と読むのかも知れないと思って、どこかに「カナ」が打ってないかと探してみましたが、どこにもカナはなかったので素直に「いしふね」と読むのが正しいのかも・・・・?

この後、「お幕場いこいの森」の松林を歩いて藤塚浜の民宿松原館にはとっぷりと日が暮れた17時59分に到着しました。
きょうのこの後の歩き旅については「e旅 歩き旅」59日目村上駅前~藤塚浜の記事およびスライドショーにあります。
データ
  • 2006.10.16(月)
単独
JR村上駅前
2.0km

7:28

7:57

瀬波小学校
0.7km

 

8:07

与謝野晶子歌碑の道
2.5km

 

9:20

瀬波温泉
0.8km

 

9:37

すずきヶ池
2.5km

 

10:28

道玄池
1.3km

 

10:51

諸上寺公園展望台
0.8km

 

11:10

諸上寺
0.6km

 

11:20

石船神社前
歩行距離
約11.2km
行動時間
約3時間52分
ほかの参考サイト
アーカイブ

現在位置: ホーム中部北陸自然歩道メニュー > 瀬波温泉砂丘のみち