鯖浦サイクリングロード

 

きょうのルートは昔鯖浦線という電車が走っていた線路の跡地を利用して作られた、鯖江市から越前町(旧朝日町)までの自転車歩行者専用道です。
この鯖浦線は鯖江から越前町四ヶ浦を結ぶ鉄道として計画されましたが、織田から先は建設されないまま昭和47年6月廃線となり47年間の地域住民の足としての活役に終止符が打たれました。
その後その跡地を自転車歩行者専用道として鯖江市水落から越前町西田中までと、旧宮崎村のはなみずき通り遊歩道として再整備されています。
自転車歩行者専用道は水落の西縦貫線の交差点から越前町の町営球技場までですが、きょうは鯖江市西山公園の南側から越前町プラントピア総合植物園の道の駅「パークイン丹生ヶ丘」までの9.5kmを歩きました。

つつじの名所鯖江市西山公園ですが、今は緑一色で人影もまばらです。(右)
きょうのスタート地点は鯖江市嚮陽(きょうよう)会館前の西山公園入口です。(下)
東と西の公園を結ぶ歩道橋も新しくなりました
西山公園は国道を挟んで西と東があります 東側は昔からの公園で日本庭園があります
西山公園を西側も東側もくまなく歩いて祈りの道を、標高112.6mの三角点がある展望台まで登ります。
展望台から長泉寺山を縦走する山道を北へ歩いて嶺北忠霊場の脇に出ます。
ここに眠っている私より遥かに若い人たちのお陰で、今の日本があることを思うと小泉さんでなくても、つい手を合わせたくなります。

ルートは忠霊場からほぼ真西に進み、鯖浦線の日野川鉄橋だった平成橋を渡ります。この橋も自転車歩行者専用になっていて、安心してのんびりと景色を眺めながら歩くことができます。

橋の上から西山公園を振り返る
日野川 上流側 自転車歩行者専用の平成橋
立派な橋です

鯖江はメガネの町です

サイクリングロードの途中には鉄道時代の駅の跡地を利用した休憩所が2箇所あります。
平井駅跡と川去駅跡です。平井駅跡の近くには児童館があり、サイクリングロードに引かれた白い線が子供達が安全に遊んだことを物語っていました。

平井駅跡地の休憩所 駅跡地は車が来ない、子供たちのいい遊び場です
川去駅跡地の休憩所
一直線に伸びる自転車と歩行者を分けた広い専用道

越前町(旧朝日町)上川去 町営球技場前

総合植物園プラントピア前 道の駅パークイン丹生ヶ丘

旧朝日町の古墳公園の先にできた「道の駅パークイン丹生ヶ丘」で妻の車が待っているはずです。
二人でソフトクリームとそばを食べて、9.5km 2時間半のウォーキングは終了。なかなかいい道でした。

データ
  • 2004.07.22(木)
単独
嚮陽会館前
2.2km

15:27

16:26

展望台
0.9km

 

16:40

嶺北忠霊場
1.0km

 

16:54

平成橋
0.6km

 

17:01

平井駅跡
1.8km

 

17:24

川去駅跡
1.1km

 

17:40

和田川
1.4km

 

17:57

国道417号線
0.5km

 

18:03

道の駅丹生ヶ丘
歩行距離
約9.5km
行動時間
約2時間36分
アーカイブ

現在位置: ホームウォーキングメニュー > 鯖浦サイクリングロード