龍ヶ鼻ダムと越前平野を望む道-1

この道は丸岡町山口から丈競山(たけくらべやま)、浄法寺山(じょうほうじさん)、冠岳を縦走し永平寺町東古市に至る23.0kmのハードなコースです。
今回は、後半の浄法寺山青少年旅行村から東古市までの9.2kmを歩きました。

浄法寺山青少年旅行村駐車場からの冠岳 浄法寺山青少年旅行村駐車場からの九頭竜川
青少年旅行村の駐車場から間近に見えるのは冠岳(838m)です。白い建物は管理棟。(上左)
南には遠く九頭竜川の流れが見えます。きょうのゴールはあの川の向こう岸の町、東古市です。(上右)
つづら折れの車道を横断して階段の遊歩道があります。しばらくはそれを歩きます。
園内の案内板(左)がある所に、大きな岩があります。(右)
これは「仏岩」といって、車道が出来る前はこの大岩の下を通って清水小場まで登山道が伸びていました。
浄法寺山案内板 旧登山道脇の巨岩「仏岩」
浄めの滝石碑

浄めの滝
浄めの滝 途中カーブの右に余り大きくない「浄めの滝」があり、観瀑台もあります。
下から登ってくる時は良い休憩場所です。
蛇谷滝遠望 杓子岳登山道口
下山中正面の山の中腹に滝が見えてきます。(左)
「蛇谷滝」です。
更に下るとヘアピンカーブの先端に反射板のある杓子岳への登山道の標識が見えます(右)

すぐ近くにはきれいな木の橋(下)もあります。杓子岳への登山道?
旧登山道跡 旧登山道跡

杓子岳からの流れと冠岳からの流れが合流する二股のところから、昔は登山道が延びていましたが、現在は踏み跡も残っていませんでした。(上左)

鳴鹿大堰付近の九頭竜川

ルートは上浄法寺集落を南進して九頭竜川沿いの県道を川に沿って西に歩くことになっていますが、歩道があるとはいえ車の往来が激しい道を避け、山裾の旧道を鳴鹿大橋まで歩いて、16時ちょっと過ぎ、車が待っている東古市のスーパーマーケットの駐車場に到着しました。

データ
  • 2004.07.02(金)
単独
浄法寺山旅行村
2.8km

13:44

14:38

杓子岳登山口
0.7km

 

14:48

旧登山口
2.1km

 

15:20

浄法寺
2.9km

 

15:53

鳴鹿橋
0.7km

 

16:01

東古市スーパー
歩行距離
約9.2km
行動時間
約2時間18分
アーカイブ

現在位置: ホーム中部北陸自然歩道メニュー > 龍ヶ鼻ダムと越前平野を望む道-1