朝倉遺跡と一乗滝の道-1

この道は朝倉氏遺跡下城戸跡の安波賀町から一乗城山を登り、上城戸に下山した後、一乗滝を往復する7kmのコースですが、今回は朝倉氏遺跡の駐車場に車を置いて、一乗滝を往復するコースを歩きました。

一乗小学校前の一乗谷川と上城戸跡 駐車場から一乗谷川沿いに歩くと間もなく一乗小学校が見えてきます。その対岸に堤防のような土塁が見えます。
朝倉遺跡上城戸跡です。(左)
小次郎の里ファミリーパーク
一番上流の浄教寺町から500mほど先に、カラフルなテントが並ぶ小次郎の里ファミリーパークがあります(右)
剣豪佐々木小次郎の銅像 落差12mの一乗滝
一乗滝は剣豪佐々木小次郎がツバメ返しの剣の技をあみ出した所と言われています。
滝の園地には近年佐々木小次郎が剣の修行をしている銅像が立ちました。(上)
落差12mの一乗滝
燕返しの修行をしたという岩 修行の岩の案内板
左の画像の丸い岩は佐々木小次郎が燕返しを修行した岩と伝えられているとか・・・
一乗滝とは別の谷に藤掛観音があり(下右)
その奥に女滝(下左)があります。落差は3mほどでしょうか・・・。
藤掛観音奥の女滝
女滝
藤掛観音
小次郎の里のアジサイ 小次郎の里ファミリーパーク バーベキュー場 小次郎の里ファミリーパーク
小次郎の里ファミリーパーク
休日にはニジマス釣りやバーベキューを楽しむ家族連れなどで賑わうようです。
「小次郎の里」と銘打っている公園は越前市(旧今立町)にもあります。
一乗ふるさと交流館 イノシシよけの電気柵のある田んぼ 最近は、どこでもイノシシや猿に手を焼いているようです。ここの田んぼにも電気柵が設けてありました。
上城戸跡の土塁
こちらも新しく建った「一乗ふるさと交流館」。朝市ののぼりが立っていました。
満開のネムの木の花 堤防のように見えますが、朝倉氏の城下町の上流と下流に築かれた城戸跡です
この城戸の内側が城下町の遺跡になっていて、今も発掘と復元が続いています。
諏訪館跡近くには大きなネムの木が、化粧道具の刷毛ような花をいっぱいつけていました。
もう、梅雨明けは近いようです。
データ
  • 2004.06.28(月)
単独
朝倉氏遺跡駐車場
3.7km

15:03

 

一乗滝
0.7km

15:53

 

女滝
1.0km

16:22

 

小次郎の里公園
1.3km

16:37

 

東新町分岐
1.3km

16:54

17:12

駐車場
歩行距離
約8.0km
行動時間
約2時間09分
アーカイブ

現在位置: ホーム中部北陸自然歩道メニュー > 朝倉遺跡と一乗滝の道-1