小次郎と花筐の道

花筐公園にある中部北陸自然歩道の案内板には、この「小次郎と花筐の道」について、このように紹介されています。

  • コース概要(コース延長=8.7km)
    和紙の里会館 ~ 花筐(かきょう)公園(薄墨桜) ~ 行司岳 ~ 逢坂山公園 ~ 小次郎公園
  • 主な見所
    花筐公園(kakyo Park)
    行司岳を背にする花筐公園は、県内でも有数の桜の名所で、特に福井県の天然記念物に指定されているエドヒガン(薄墨桜)は、継体天皇が即位のために都に上られる時に形見として残されたと伝えられている素晴らしい桜です。この桜は幹周り4.0m、樹高約18m(天然記念物指定時)、樹齢400年以上といわれ、樹皮は荒々しく縦の割れ目を見せ、根元は大きなコブ状にふくれ、根周り約5.7mに達し、大きな穴が主幹の中程まで続いています。 (長距離自然歩道案内板から転記)

桜と紅葉の名所も、今は新緑一色で、人影もほとんどありません。
巨大な岩山に仏像が彫ってある岩清水の休憩所で、先ずは腹ごしらえです。
名前は岩清水ですが、水が湧いていそうな所はないようです。

琴弾山展望台と駐車場
展望台からは越前和紙の里、粟田部の街が一望できます(下)
奥の石段を登って薄墨桜を経て行司岳(311m)へ向かいます(左)
石段を登るとすぐに良く整備された山道になります。ヤマアジサイがちょうど花の時期をむかえていました。(左)

登山道から見え隠れする粟田部の街

相当痛々しい「薄墨桜」
薄墨桜
樹齢500年以上の県指定天然記念物ということです
男大迹皇子(第26代継体天皇)在郷のころは、桜の色は紅色であったが、都へ上られた後は、次第に薄墨色になり、以来、里人はこれを筐(かたみ)の花「薄墨桜」と呼ぶようになった。と案内板に書いてありました。(右上)

桜を鑑賞する展望台
これより少し下の方に、この木の新芽を植樹した「孫桜」というのがあって、樹齢は420年と書いてありました。

左:三里山、右:行司岳の分岐点
尾根道にはあちこちにササユリが咲いていて、いい香りが漂っていました。(下)
行司岳(ぎょうじがだけ)山頂はあまり展望がきかない草深い所でした。(下)
端正な円錐形の行司岳(311m)
行司岳の下りは、右の写真でも分かるとおり、相当な急斜面です。雨の後はよした方が賢明です。

下りの途中、林道に出たので、そのまま林道を下ったら逢坂山公園を通らずに野岡の街に出てしまいました。
本当は左の画像の神社を通って、この交差点で合流するはずだったのですが・・・・。
14時59分、GPSの距離計は10.7kmを記録して、越前市(旧今立町)小次郎の里公園に到着しました。(右2枚)
この後、新しい公園内を散策しましたが、この時期は訪れる人も少なく、売店も暇そうでした。

「小次郎の里」を冠した公園は福井市一乗谷にもあります。
データ
  • 2004.06.12(土)
男(2)
和紙の里駐車場
  1.9km

11:12

11:44

岡太神社
1.0km

 

12:05

岩清水
0.2km

12:18

12:22

琴弾山展望台
0.6km

 

12:43

薄墨桜
0.2km

12:45

12:51

三里山分岐
0.7km

 

13:17

行司岳
3.0km

 

14:20

南中山小学校前
3.0km

14:25

15:04

小次郎の里公園
歩行距離
約10.7km
行動時間
約3時間52分

 

その他の記録
ほかの参考サイト
アーカイブ

現在位置: ホーム中部北陸自然歩道メニュー > 小次郎と花筐の道