e旅歩き旅 98日目 城崎温泉~休暇村竹野海岸

今日のルートの中で近畿自然歩道は

兵庫県最北端 猫崎半島をめぐるみち竹野町・竹野浜~休暇村竹野海岸10.0km

天気予報が昨日と今日が入れ替わったような空模様だ。
今にも降りそうな空で、風もあり肌寒い。これだったら昨日10時ごろから歩いていた方が良かった位だ。
二日も滞在して、すっかり通い慣れたコンビニに立ち寄って、朝食と昼食分のおむすびとサンドイッチ、お茶、牛乳、野菜ジュースなどを仕入れた。

円山川の堤防上の遊歩道を歩いたが、直ぐに歩道のない通りに戻されてしまう。
豊岡方面への通勤だろうか、車が切れ間なく通る。
津居山港から城崎マリンワールドまでは旧道を歩く。城崎マリンワールド付近は海岸線が美しい観光地で、大きなホテルが建ち並んでいた。
沖の岩の上に龍宮城を模したような建物が建っていたが、豪華な景色にしては貧弱な作りの龍宮城(?)は、むしろない方がいいように思った。
ホテルの前で歩行者用トンネルを抜けると、先ほどの車道と合流したが、車の数は激減していて歩きやすい。
この道、どんどん坂を登っている。ゴルフ場付近で最も高くなり、GPSの標高は146mを表示していた。

(画像はクリックで拡大します)
龍宮城? 城崎マリンワールド 日本一周自転車の旅の村田さん67歳
龍宮城? 城崎マリンワールド 日本一周自転車の旅の村田さん67歳
少し下りかけた所で、自転車の前に「日本一周10000km」と大きく書いた布を掲げた人が坂を登って来た。
挨拶を交わして、しばらく話をしてみると、山口県岩国市を7日前に出発して、もうここまでやって来た村田さんという67歳の人だった。
テントと宿泊まりを一日おきにしているそうで、昨夜はテント泊だったそうだから、きょうはどこの宿に泊まったかな?
大体一日80~90kmほど走るそうだ。

狭い谷あいに20~30戸がひしめき合っている田久日を過ぎ、宇日の村外れで休んでいると、一人のお婆さんが畑の坂道から転がって来た。
「危ないですよ」から始まって、しばらく話し込んだ。
70歳ちょっとにしか見えないお婆さんは、80歳だという。
昭和22年この村に嫁いで来た前の年に、やっと電気が来たと言う。
「もし、電気が来てなかったら、嫁に来んかったわね」と笑っていた。

昔は子供の手を引いては歩けないほどの、本当に狭い山道しかなかったが、40数年前、自衛隊がこの道を作ってくれたのだと、その時の様子を昨日の事のように、詳しく語ってくれた。

道を開いてくれた自衛隊には、今でも感謝しているようだった。
つがいで来て餌取に余念がないコゲラ イソヒヨドリ
コゲラ イソヒヨドリ

「この村は、年寄りばっかで、25人お婆さんがいるが、23人が後家さんで、男がいない村ですわ」
「家族と住んでいる家は3軒だけで、あとはみんな若いもんは町へ出んさっとるさけ、子供がおらんのじゃ」
「子供は小学生が1人おんなさるだけです」
「バスは一日2往復だけですから、医者へ行くのが一日仕事で、年寄りには不便な所じゃけど・・・」
「山はあるし海はあるし、これでなかなかいい所じゃと思います」
と、話が尽きない。
最後に「久しぶりによその人と話ができて、楽しかったわいね」と、言っていた。

竹野の町に入ると、自然歩道「兵庫県最北端・猫崎半島をめぐるみち」5.8kmが始まる。
竹野の浜辺に沿ってカラーブロックの遊歩道を歩くと、近畿自然歩道の案内板が立っていた。
それには猫崎半島は「賀嶋公園から先は、危険個所あり」と書いてあり、線も黄色の点線になっていた。

断崖絶壁の猫崎半島 取りあえず、行ける所まで行って見ることにする。
賀嶋公園までは良く整備された、広い遊歩道で歩き易いが、その先は普通の山道になってきた。
そして、「この先危険」の立札から先は、ロープと手すりに助けられながら、緊張する山道になった。
ここへ来る前に竹野海岸から見たこの半島は、下半分は垂直の断崖絶壁だった。
昼なお暗いほどの照葉樹林が茂っているが、かなりの急斜面でその下は断崖絶壁で海かと思うと、全く気が許せない。
猫崎半島
時々樹の間から見える海は不気味なほど青い。足を滑らせたら一大事。慎重に足を運んだ。
しかし、この道、最近手入れしたらしく、草を刈り、邪魔になる枝を払ってある。
人の手が入っている安心感もあって、更に進んで、とうとう兵庫県最北端の地まで来てしまった。
そこには灯台が建っているだけで、特に最北端のモニュメントが立っていたり、景色がいい訳でもない。
灯台の所で昼飯を食べるつもりでいたが、風が強く寒くて昼飯どころではなかった。
写真を数枚撮っただけで、そそくさと灯台を後にした。
賀嶋公園まで戻って、やっと安心して昼飯ができた。
案内板の通り、猫崎半島は、この賀嶋公園までで充分だと思う。
猫崎半島先端の灯台
半島先端の灯台
帰りも厳しい猫崎半島
この厳しい帰り道

休暇村への取付け道路に着いたのは 14時39分。まだちょっと時間が早いので、切浜の「淀の洞門」と「はさかり岩」を見に行った。
人気のほとんどない切浜集落を歩いていたら、パトカーが近づいて来て職務質問された。歩き旅をしている理由とホームページのURLを書いた名刺を渡したら「頑張って下さい」と励まされて開放された。

データ
  • 2007.05.31(木)
単独
城之崎温泉
4.0km

7:13

8:28

城崎マリンワールド
1.2km

 

8:52

御待岬展望台
1.4km

 

9:18

村田さんと会った場所
2.7km

9:30

10:14

田久井
2.0km

 

10:46

宇日で休憩
2.3km

11:06

11:56

竹野海岸
2.3km

 

12:53

猫崎灯台
1.1km

12:56

12:50

賀嶋公園
3.7km

 

14:56

淀の洞門
1.1km

 

15:16

はさかり岩
1.6km

 

15:47

休暇村竹野海岸
歩行距離
23.6km
宗谷岬からの累計距離
2323.3km
行動時間
8時間34分
天気
曇り、夕方雨
宿泊
費用
宿泊 8,950
朝食 434
昼食 315
その他 568
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 城崎温泉~休暇村竹野海岸