e旅歩き旅 92日目 天の橋立~丹後大宮

きょうは雨の予報だったので、ユースホステルに、雨だったら連泊をお願いしていた。
朝、窓の外を見てみると予報通り雨。一日ゆっくりとユースホステルに滞在して、データの整理やブログの下書きなどをやるつもりでいた。
ところが、10時から16時までは館内には居てはダメだと言うことで、出なくてはならないそうだ。

奥入瀬のユースホステルで雨滞在して、部屋でパソコンしたり、ロビーでTVを見たり。おまけに昼食にカレーライスまで作ってもらった。あれは異例中の異例だったのかも・・・・?
知らなかったので、今日まで何とも思わなかったが、同宿のバイクの青年に聞いてみると、ユースホステルは大体同じです。と言う。
ゆっくり休養の一日のつもりだったが、歩くしかない。今日予定の「国民年金健康センター丹後おおみや」に電話してみると、9時までは留守番電話になっている。
宿が取れなかったら6kmほど先の峰山にビジネスホテルが何軒かあるので、取りあえず丹後大宮方面に向かって雨の中を歩き始めた。

晴れバージョンのルートは笠松公園に上がって、天橋立の上から見た後、岩滝町男山から山に登って、自然歩道「大内峠・天の橋立を望むみち」を大内峠まで歩くつもりだったが、雨では展望も期待できないし、意欲も削がれて、概ね国道沿いに行くことにした。

(画像はクリックで拡大します)
立派な社殿の「元伊勢籠神社」前を通り国道に出た。
うるさい国道を避けて一本山側の自然歩道に指定されている道に戻ったが、この道も車が少ないというだけで、特に興味のありそうなものはない。

時々天橋立の内側の海「阿蘇海」の海岸沿いにフェンスが見える。多分歩道があるのだろうと思って、海岸まで下ってみると、緑色に塗られた自転車歩行者専用道があった。
しかも自然歩道の標柱まで立っているではないか!
標柱が国道側に戻す指示になってる先にも自転車道は続いていたので、指示に従わずにそのまま海岸沿いに歩いた。

元伊勢籠神社
阿蘇海沿いの自然歩道 一字観公園からの天橋立 展望抜群の一字観公園のバンガロー

きっと後から作られた道だろう。工事区間を示す杭を見ると18の文字があったので、どうやら平成18年に整備されたもののようだ。
気持のいい道だった。晴れていたら素晴らしい道に違いない。
そのいい道も府立「与謝の海病院」の所でお終いになった。
9時5分になったので「国民年金健康センター丹後おおみや」に電話してみると帳簿を見る待ち時間なしで直ぐに予約できた。6km先の峰山まで歩かずに済んでありがたい。

雨が大降りになってきたので、国道沿いのコンビニに立ち寄って雨宿りをさせてもらった。
5~6分で小降りになってきたのでコンビニを出たが、直ぐまた大降りになってきた。今度は岩滝コミュニティセンターの自転車置き場に雨宿りさせてもらって、パソコンを取り出して、ルートの再検討をした。
山側の道路を進んで、北近畿タンゴ鉄道宮津線に沿った道を歩いて行くルートも一本追加した。
その内だんだん小降りになってきたので、岩滝駅・大内峠分岐の標柱では大内峠を選んだ。
車道を進むと2.8km、自然歩道の急な階段は1kmとある。雨の中で今までのような草深い道では困るが、そうではなさそうなので近い方を選んだ。
約1/3の距離だからしかたないが、かなり急勾配の階段の連続で、カッパの外より内側の方が汗びっしょりだ。

ようやく大内峠に着くと「長命いっぷく名水」という湧き水があった。急坂を喘いだ喉には一際美味しい水だった。
この大内峠の一字観公園は「股のぞき発祥の地」という看板があったから、元祖股のぞきの地らしい。
さすがに展望は抜群で、公園の名前の一字観の通り、天橋立は真横に一本の一の字に見えた。
青い海、緑の松、とまではいかなかったが、期待通りの展望が楽しめた。

峠を下れば「国民年金健康センター丹後おおみや」はもう近い。
到着が早すぎるが、雨と汗で濡れているので、早く着くにこしたことはない。
国道に交わる交差点を右に曲がると200mほどで「丹後おおみや」があると、GPSが示している。丁度200mほど先に、ちょっと大きな建物があったので、それかな? と、思って進んでみるとGPSの指示はどんどん距離が増えて行く。
どうやら後ろにあるらしい。ふり返って小高い丘の上を見上げると、大きな建物の屋根が見えている。良く見ると、取付け道路のフェンスに「丹後おおみや」の看板が架かっている。
はて? 登り口を見落としたかな? と辺りを見回すと、更に先の街路樹の陰に「国民年金センター丹後おおみや →」の看板があった。
取付け道路の車道はきれいだが、歩道は草ぼうぼうで、歩いて来るような変な奴は想定外らしい。
(注:後日妻たちと車の旅で再び訪れたときには、歩道もきれいに草刈がしてあった。念のために・・・・。)

時間が早いので、部屋には入れないからロビーで待たせてもらっていたが、濡れた体がどんどん冷えてくる。
登ってくる途中に「日帰り入浴、御前11時から午後8時まで」の立看板があったのを思い出したので、日帰り温泉で温まって着替えようと思って、フロントでリュックのロッカーがあるか聞いてみると「フロントでお預かりします」とのこと。
おまけに、宿泊客用入浴券を貰って無料!

データ
  • 2007.05.25(金)
単独
ユースホステル
5.7km

8:18

9:55

岩滝コミュニティセンタ
3.5km

10:19

11:22

大内峠
5.4km

11:51

13:08

丹後おおみや
歩行距離
14.6km
宗谷岬からの累計距離
2186.1km
行動時間
4時間50分
天気
宿泊
費用
宿泊 9,975
その他 911
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 天の橋立~丹後大宮