e旅歩き旅 87日目 小浜阿納尻~若狭本郷駅前

今日のルートの中で近畿自然歩道は

阿納古道と歴史を探る道小浜市阿納尻~小浜市青井7.8km
塩の遺跡を探る道小浜市青井~おおい町本郷13.8km

大失敗だったビジネスホテルからタクシーで、昨日の終了地点、阿納トンネルまで戻る。
今朝はまだ朝食もいただいてない。腹ペコのまま、タクシーで往復した道を、近畿自然歩道の案内に従って歩く。
市内を流れる北川の橋の近くにコンビニがあったので、朝食用に弁当と野菜サラダと牛乳、昼食用におむすびと野菜ジュース、予備食用にパンを買う。

(画像はクリックで拡大します)
久須夜ヶ岳 「たんごみやず道」の道しるべと廻船問屋 北川のヒドリガモ
久須夜ヶ岳 「たんごみやず道」の道しるべ 南川のヒドリガモ

今日は近畿自然歩道「阿納古道と歴史を探る道」、「塩の遺跡を探る道」、「青戸の入江探勝の道」8.7kmを歩く予定。
阿納付近までは昔クロダイの「いかだ釣り」に友人と来たり、久須夜ヶ岳のエンゼルラインドライブなどに何度か訪れているので良く知っているつもりだったが、今日歩いた昔の道「丹後宮津道」は初めてだった。廻船問屋や今も営業している昔ながらの宿屋があった。

小浜の西の方の小浜公園は桜が満開で、公園の脇には国民宿舎小浜ロッジが建っていた。
ここから「塩の遺跡を探る道」が始まる。車道の海側に柵で車道と完全に分離された幅2m以上の自転車歩行者専用道があって歩き易く、景色も抜群で申し分ない。
港の近くの泉・雲城水
港のすぐ近くに湧出する泉・雲城水 →
小浜公園と国民宿舎小浜ロッジ 青井園地 素晴らしい自転車道
小浜公園と国民宿舎小浜ロッジ 青井園地 素晴らしい自転車道

紐を調節したり、足を揉んでみたりするが、調子が良くならない。
GPSが示す歩く速度も、以前に比べて約1km/hほど低下している。
何度も休んでいる上に歩く速度が遅いので、予定より相当遅れ気味だ。この分では「青戸の入江探勝の道」終点の高浜までは到達できそうにない。
宿がまだ決まってなかったことを幸いに、「塩の遺跡を探る道」の終点、若狭本郷駅前までにして一度家に帰って医者に行ってみることにする。

この自転車道の上には「市民の森あおい」があって、遊歩道があるらしい。青井園地から勢浜まで地元のウォーカーと一緒に歩いた、同年輩の男性は時々この自転車道を歩いて、市民の森の遊歩道を戻るらしい。目の前に広がる小浜湾と森と両方が楽しめるいいコースですと言っていた。
国道27号線と合流する勢浜の手前で彼と別れた。ルートは一旦歩道のない国道27号を300mほど歩く事になるが、直ぐに海岸に下り、その先はまた立派な自転車専用道が続く。

大規模な工事の自転車歩行者専用道 ミツバツツジが花盛り 若狭富士の青葉山と青戸の大橋
大規模な工事の自転車歩行者専用道 ミツバツツジが花盛り 若狭富士の青葉山と青戸の大橋

岡津(おこづ)の片江鼻の根元の山を大規模に切り開いた自転車歩行者専用道が岬を横断しているのにはちょっと驚いた。
それを歩いて海側に出ると、端正な三角形の青葉山と赤い青戸の大橋が見えてくる。
このあと国指定史跡の「岡津製塩遺跡」、「鯉川シーサイドパーク」、新しい「長井浜海水浴場」、「青戸の大橋」、「情報交差点ぽーたる」と続き見所いっぱいだ。

JR若狭本郷駅には「義経号」という古い蒸気機関車が展示してあった。明治13年北海道最初の鉄道「幌内鉄道」で運転されたアメリカ製の蒸気機関車だそうで、ちょっと小振りだった。
平成2年(1990)国際花と緑の博覧会で風車の駅と山の駅を結んで運転されていたらしい。
風車の駅がこの若狭本郷駅に移築されたので、この蒸気機関車の義経号も来たということが書いてあった。
しかし、フリー百科事典「ウィキペディア」には、『国際花と緑の博覧会の会場内でイベント列車として運転された後、大阪市港区の交通科学博物館に動態のまま保存展示されている。「義經」は、2004年(平成16年)に鉄道記念物に昇格した』 とある。

岡津製塩遺跡 右上奥は青葉山 蒸気機関車義経号 JR若狭本郷駅舎「風車の駅」
岡津製塩遺跡 右上奥は青葉山 蒸気機関車義経号 JR若狭本郷駅舎「風車の駅」

風車の駅という意味ははっきり判らなかったが、エキゾチックな目立つ駅舎だった。
切符を買うと同時に2両編成のワンマン電車が入って来た。運賃は福井まで2210円也。

足は「足底腱膜炎」と診断された。マラソンランナーなどによくある足の障害らしい。
足の裏の筋肉や腱を使いすぎて炎症を起こし、足の裏の内側のかかとに近いところにある足底腱膜が痛むもので、要するに歩き過ぎらしい。
気を付けることは

  • 痛みがとれるまで歩くのをやめること
  • 足の裏とふくらはぎのストレッチを欠かさず行うこと
  • 靴の中敷を工夫すること
  • そして、年だからほどほどにすること

だと、言われた。<後日記>

確かに足裏のストレッチは良く効く。
数年前に洋式トイレに改修してから、しゃがむことがなくなった。いわゆる和式トイレの姿勢や風呂で椅子を使わず立ち膝をすることは、足裏と足首のストレッチにかなり有効だということがわかった。そして時々正座をすることも・・・・。
昔の日本人の生活にはこれらのことが自然に取り入れられていたことを知って、改めて驚いた。

データ
  • 2007.04.13(金)
単独
阿納トンネル
4.8km

7:57

9:04

北川
1.2km

9:34

9:54

雲城水
1.5km

9:58

10:22

小浜公園
0.6km

 

10:35

青井崎
5.1km

 

12:06

袖崎
6.0km

12:22

14:19

岡津製塩遺跡
1.8km

14:23

15:15

長井浜海水浴場
2.5km

 

16:00

若狭本郷駅
歩行距離
23.5km
宗谷岬からの累計距離
2079.2km
行動時間
8時間03分
天気
晴れ
宿泊
自宅
費用
朝食 820
昼食 358
タクシー 2,500
交通費 2,210
その他 630
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 小浜阿納尻~若狭本郷駅前