e旅歩き旅 85日目 敦賀~三方五湖海山(うみやま)

今日のルートの中で近畿自然歩道は

三方五湖を巡る道美浜町美浜駅裏~若狭町海山「水月花」13.0km

朝、妻の車で鯖江駅まで送ってもらう。昨日と同じ7時51分の電車に乗る。終点の敦賀には8時半ごろ着いた。
今日のルート敦賀駅から若狭町(旧三方町)海山の町営ホテル「水月花」までは、2004年に中部北陸自然歩道「気比の松原と芭蕉を偲ぶ道」、近畿自然歩道「馬背峠と水晶浜を訪ねる道」「三方五湖を巡る道」、そして連絡ルートの「水晶浜~千鳥苑」の4回に分けて歩いている。
その内、敦賀駅から千鳥苑までのルートは大幅に短縮して旧国道27号線(現県道225号線)を歩くことにした。これで約30kmに納まった。
後半は 2004.12.09 に友人のSさんと歩いた「三方五湖を巡る道」と同じルートだが、時期が違うのでもう一度同じ道を歩く事にした。

(画像はクリックで拡大します)
敦賀市内 敦賀市内 敦賀市内
敦賀駅前白銀町 笙の川(しょうのかわ) 東洋紡敦賀工場の桜並木

前回は美浜の松原海岸で鍋をして食べたが、きょうも火が恋しいほどに肌寒い。
ウェルサンピア敦賀の入口の前には先日降った雪を1mほどの三角山にして残してあったり、敦賀のシンボル、野坂山の山頂付近にもまだ雪が残っているほどだから、桜は満開になってもまだまだ寒い日が続いているということだろう。
海水浴場の休憩所の板塀の影で風を避けて弁当を食べた。

狩野探幽作と言われる柴田氏庭園 柴田氏庭園の借景になっている野坂岳 たくましい筍
狩野探幽作と言われる柴田氏庭園 柴田氏庭園の借景になっている野坂岳 たくましいタケノコ
ハマダイコン 今は珍しくなったレンゲソウ タンポポの畦
ハマダイコン 今は珍しくなったレンゲソウ タンポポの畦
前回は千鳥苑から美浜駅までの間は歩いてなかったので、GPSの軌跡が切れたままになっていて、気になっていたが、今日その区間がやっと一本につながった。

この千鳥苑、美浜町出身の歌手「五木ひろし」につながりがあるらしく、五木茶屋の看板が上がっていたり、駐車場の横にカラオケ地蔵なるマイクを持って歌っているお地蔵さんが立っていたり、五木ひろしの歌っている写真が飾ってあったりする。
カラオケ地蔵
カラオケ地蔵

有名歌手のドライブインとあって、入口には「○○観光ご一行様」とか「○○ツアーご一行様」の札がビッシリと掛かっていて、なかなか繁盛している様子だった。
海鮮バイキング1480円に人気があるようだったが、夕食に魚が出るだろうから今日のところはコンビニで買ってきた「おむすび」で我慢することにした。

放射線モニタリングポスト 久々子湖 カワニナ
放射線モニタリングポスト 久々子湖 カワニナ
水月湖と久々子湖をつなぐ人工の川・浦見川 三方五湖の山は今山桜が満開で凄くきれいだ。人工林になってない山は桜の木の種類も数も大変多い。
山桜はソメイヨシノに比べて生命力が強いのか、松のように海岸の岩にも根を下ろしているたくましいものもあった。

去年11月から4月までスキーとコタツの番で、あまり歩いてなかったら足にまめが出来てしまった。かなり痛い。
今日歩いている三方五湖周遊道路は「日本の道100選」にも選ばれているという看板が、水月湖と久々子湖をつなぐ人工の川・浦見川に架かる橋の脇に立っていた。

欄干の上には猿が数匹日向ぼっこしていた。
若狭町営観光ホテル水月花
水月湖の放水路・浦見川 若狭町営観光ホテル「水月花」
データ
  • 2007.04.11(水)
単独
敦賀駅
1.3km

8:41

9:04

笙の川
6.8km

 

10:53

関峠
2.3km

 

11:36

美浜原発分岐交差点
2.2km

 

12:14

千鳥苑
3.3km

 

13:18

耳川
2.7km

 

14:00

久々子海水浴場
0.7km

14:14

14:24

弁天岬大師堂
3.3km

 

15:44

浦見川
6.0km

 

17:16

観光ホテル水月花
歩行距離
29.6km
宗谷岬からの累計距離
2027.0km
行動時間
8時間36分
天気
晴れ
宿泊
費用
宿泊 11,500
昼食 370
交通費 740
その他 389
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 敦賀~三方五湖海山