e旅歩き旅 52日目 道川-由利本荘市

(画像はクリックで拡大します)
大変珍しくなった福井弁で言う「はさば」での稲干し やっと天気が回復して、窓から見ると青空が広がっている。
TVは昨日の悪天候で白馬岳や奥穂高岳などで遭難が相次いだことを伝えている。
連休だったので、弟も山に行ったのではないかと心配して電話してみたが掛からなかった。山に入っているのかも分からない。
海はまだ濁っていた 今朝で3回目になった「サンピア秋田」のバイキング朝食をしっかり食べた。
今日の目的地は由利本荘市の市街地だから距離は20kmと短めだが、いつもの時間と変わらない7時45分出発した。

7号線まで下って海岸に沿って歩いたが、海はまだ波がやや高く波打ち際から100mほどは茶色く濁っていた。

4.9km歩いたところで、折りたたみ傘をホテルの入口の傘立に忘れて来たことに気付いた。
取りに戻ろうか、買い換えようか迷ったが、やや大きめの折りたたみ傘でチタン製の軽いものだから、同じものが手に入るかどうか分からない。
幸い、きょうの距離は短めの20kmだから、戻ることにした。往復で約10km多くなって、きょうもやっぱり30kmになった。

秋田県の7号線を歩くようになってから、松枯れが目立つようになってきた。
特に今日のルートは多いように思う。

途中で弟から無事山から下りたとの電話が入った。会津駒ケ岳に登っていたらしい。
秋田県も松枯れが目立つ
子吉川の「新奥の細道」の標柱 一昨日警戒水位を超えたといっていた子吉川は、きょうは特に増水している様子はなかった。

鉄道の鉄橋のような形の由利橋を渡ると、川の堤防に「新奥の細道 子吉川をさかのぼり水と親しむみち」の道標が立っていた。
今日の宿「グランドホテル」は堤防の脇に建っていた。
ホテルの窓からは久しぶりに夕日を見ることができた。
きょうの宿 久しぶりに見たホテルの窓からの夕日
データ
  • 2006.10.09(月)
単独
ウェルサンピア秋田
4.9km

7:45

8:54

引き返し点
4.1km

 

9:44

ウェルサンピア秋田
13.7km

 

13:19

日露友好公園
6.4km

13:26

15:04

由利本荘市
歩行距離
29.1km
宗谷岬からの累計距離
1226.4km
行動時間
7時間19分
天気
晴れ一時曇り
宿泊
費用
宿泊 7,500
昼食 372
夕食 690
その他 1,308
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 道川-由利本荘市