e旅歩き旅 20日目 当別町-札幌

いよいよ今日は札幌入りだが朝からあいにくの雨だ。
今夜の宿が決まらないまま、小雨の中をカッパのズボンだけ履いて傘を差して出かけた。
はじめは片側2車線と広い歩道のある北海道らしい余裕の設計の道路だったが、その内片側1車線の普通の道路になった。雨は霧雨程度だが車のハネがかかる恐れがあるのでカッパの上着も着てリュックにもカバーをかけた。

予定していたLANがある宿、ルートイン札幌は満室のままキャンセルも入ってないと言う。
数日前に家から荷物をルートインに送ってもらってあるが、その時点で既に満室だった。
泊まれなくてもいいからということで、荷物だけ預かってもらう事にしていた。

朝から宿探しの電話をしながら歩いているが、どこも満室でダメの返事ばかりだ。
リストアップした分は終わってしまったので、金沢の友人を動員してインターネットで探してもらったがどこもダメだった。
札幌の報道関係の友人に聞いたら、昨日・今日・明日は市内の宿は無理だろういうことだった。
天皇皇后両陛下が札幌にお見えになったので、警備関連や報道関連などでどこも満室らしい。

(画像はクリックで拡大します)
札幌泊まりは諦めて、予定のルートインまで歩いたら、昨夜の当別町の宿まで電車で戻って泊まることにして、宿に電話したらOKの返事がもらえて一安心。
宿が1~2軒しかない小さな町なら満室だったら諦めて、前の宿で待機しているのだが、札幌のことだからどこか泊まれる所があるだろうと安易に考えて、雨をおして歩いたのがいけなかった。

歩道がない新石狩大橋

石狩川
おまけに石狩川に架かる約1kmの長い「新石狩大橋」には歩道がない。
車やトラックの往来は切れ間がないほど多い。
トラックが近づく度に欄干にへばり付いて、通り過ぎるのを待つ。この繰り返しで渡り切るのに20分余りかかった。
渡り終えた時にはホッとした。
道中、写真を撮るような風景もなかったが、雨の中で電話やメモが忙しくて写真どころではなかった。
普通は200枚前後撮影するが、今日はたった16枚だった。
札幌に近くなるにつれて雨も上がり、気持ちに余裕が出てきた頃、携帯電話が鳴った。
札幌の局番だ。はて誰だろうと思って出ると、ルートイン札幌白石からだった。
キャンセルが出たので部屋が空いたという嬉しい知らせ。
2泊予約して、先の当別町の宿にキャンセルを入れた。
朝から宿探しに苦労しただけに、こんなに嬉しい電話はなかった。

いよいよ札幌入り
昨日できた左足の血まめが、雨で濡れた靴の中でひどくなるかな? と、思っていたがほとんど変化はなく調子いい。
夏の北陸歩きで、左足には肉刺(まめ)ができ皮膚が再生し、また肉刺ができ皮膚が再生しを3回繰り返して3重に皮が剥けた状態になっていたのを完治しないまま、北海道に来たので、どうなるかとちょっと心配だったが、皮膚の方が諦めたらしく、固い丈夫な皮膚が形成された。
白石清掃工場
データ
  • 2006.09.07(木)
単独
当別市
9.4km

7:34

10:10

新石狩大橋
7.5km

 

11:59

札幌・江別境界
7.6km

 

14:07

ルートイン札幌
歩行距離
24.5km
宗谷岬からの累計距離
457.4km
行動時間
6時間33分
天気
雨のち曇り
宿泊
費用
宿泊 6,100
昼食 220
夕食 1,530
その他 434
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 当別町-札幌