e旅歩き旅 17日目 北竜町-滝川市

(画像はクリックで拡大します)
TVの天気予報では大きくは崩れない程度の予報だったので、あまり期待はしていなかったが、窓から日が差し込んでいて明るい朝になった。
喜んだのも束の間で、出かける頃には予報どおりの曇り空になった。
竜の形をした展望台から見えるヒマワリ畑は一面刈り取られ、トラクターで漉き込まれて、ただの畑が丘に向かって広がっている様子がうかがえる。
100万本のヒマワリというから畑もかなりの広さだ。
トラクターで漉き込まれたヒマワリ

カラスがヒマワリの種の食事中
話の種に、何にもない畑まで足を伸ばしてみる。
確かに広い。ここにヒマワリが咲いていたら、パンフレットどおりの景色になること間違いなしだ。

丘の一番高い所では、トラクターがヒマワリを漉き込んでいた。
種を収穫してから漉き込むのかと思っていたが、種も取らずにそのまま漉き込むのだ。
ヒマワリは観光用だけで他には全く利用していないようだった。
お土産には「ひまわり○○」などと「ひまわり」の付くものが多いのだが・・・・。
カラスがたくさん集まってきて朝食中だった。
ヒマワリの種はきっと上等な朝食に違いない。

道の駅うりゅう
北竜町はひまわりの里以外でも休耕田でひまわり栽培している田んぼはあったが、隣の雨竜町に入ったら、ピタッとひまわりは見当たらなくなった。
雨竜町は稲作が主流のようで、JAが「おいしい雨竜米」を宣伝していた。
きょうは稲作地帯の国道歩きで何も見るものがないな・・・。と思っていると道の駅「田園の里うりゅう」に国定公園雨竜沼湿原の自然を展示している「雨竜沼自然館」があった。
これは素晴らしかった。

2005年にはラムサール条約登録湿地に指定されたそうで、是非行ってみたいと思う自然が展示してあった。
2年後は妻も自由になる。標高は850mしかないようだし、近くまでは車も入れそうだから、是非妻を伴って歩いてみたい。


江竜橋の雨竜川側

石狩川
石狩川と雨竜川が合流する所に江竜橋が架かっている。
二つの川を一気に跨ぐこの橋は長さが800m余りあるが歩道がない。
大型車が通ると欄干との間は僅かしかなく、欄干にぴったりくっ付いて車が通り過ぎるのを待つ有様だ。
現在新しい橋の架け替え工事中で下流側に橋脚ができていた。

石狩川堤防の砂利道

石狩川の三日月湖
雨竜市街から東に進んで石狩川の江竜橋を渡って、静かな歩きを期待して自転車道をルートに選んだが、これが砂利道だった。
1.2kmほど進んだところでアスファルトになったがこれもしばらくで、また砂利道だ。
本当の自転車道になったのは4.6km歩いてからだった。

石狩川河川敷の自転車道
地図で見ると雨竜川や石狩川には昔川が蛇行していた名残の三日月湖がたくさんある。
それを見たくて堤防上を歩いていたが、最も近い三日月湖でも、三日月形を確認できるには高さがちょっと足りなかった。
以後、堤防上から河川敷の自転車専用道に下りて歩く。

河川敷一面にクローバーが花盛り
これを3.7km歩くと、右側の河川敷にきれいに芝生を刈り込んで、所々にシラカバやトドマツを植えた公園のような様相になる。
中央に1mほどの幅の遊歩道が延々と続いている。

本当に歩いていいのかどうか心配になるほど、きれいに手入れされていて、誰一人として人影がない。
貸切り状態で歩けるこの気持ちのいい遊歩道が、2.7kmに渡ってつづく。
この公園は石狩川橋の手前で、市民ゴルフ場になって、更に下流域に続いていた。


北電公園百年記念塔
街の中に一際高い塔が立っているのが気になっていた。
石狩川橋の案内板に「← 北電公園百年記念塔1.4km」の案内板があった。
時間は3時前で、まだ宿に入るには早過ぎるので、行ってみることにする。
公園は小高い丘の上にある。階段を登ると少年野球場の前方に白い塔が建っているが人の気配は全くない。
月曜だから休館日かな思いながら近づいてみると、荒れたタイル、閉ざした窓、正面に回ってみると入口は鎖と南京錠で閉ざしてあり、相当前から使われていない様子が分かった。

碑文によると昭和35年から昭和63年まで、地元の石炭を使った火力発電所があり北海道一の出力を誇った時代もあったらしい。
石炭火力から原子力の時代になり閉鎖された跡地に石炭灰だけが野積みしてあった所を市が引き取って土で覆い、公園化し北海道開拓100年を記念して塔を建設したものらしい。
塔の建設には多くの市民の寄付を募ったらしく名前が刻んであった。
稚内の100年記念塔は他の公園施設もる小高い山の上にあり、展望も良いのでお客さんも来るだろうけど、ここはこの塔と小さな遊園地だけだ。
石炭灰が長い間野積みしてあったくらいだから、周囲には観光的に目ぼしいものがある訳ではなく、塔に登っても特に展望が良さそうな場所ではない。
結局、運営することができなくなり、財政難のため壊すこともできないまま放置されているものだと宿の主人から聞いた。

データ
  • 2006.09.04(月)
単独
北竜温泉
2.9km

7:46

8:32

国道232号合流
9.4km

 

10:59

道の駅うりゅう
3.2km

 

11:53

江竜橋
5.5km

 

13:05

自転車道
8.3km

 

15:13

北電公園百年記念塔
3.5km

 

16:08

滝川市
歩行距離
32.8km
宗谷岬からの累計距離
373.0km
行動時間
8時間18分
天気
曇り
宿泊
費用
宿泊 5,000
昼食 326
その他 876
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
ほかの参考サイト
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 北竜町-滝川市