e旅歩き旅 16日目 留萌市-北竜町(ほくりゅう)

(画像はクリックで拡大します)

気温が16℃しかなくちょっと肌寒い宿がなかったため一日遅れて北竜町まで。
きょうから海岸線を離れて内陸部になる。
サロベツ原野を一緒に歩いたSさんが友人宅から、今日のルートはかなりキツイそうですよ、と電話してくれたので、早発ちすることにして今朝は4時半起床で5時10分には宿を出た。
天気は曇り。6時の気温は16℃だった。厚手のものを出そうかどうしようか迷うような涼しさだった。
7時、大和田の河川公園でコンビニ弁当の簡単な朝食をとった。


河川改修が済んだ留萌川
福井市内を流れる足羽川は一昨年の洪水で激甚災害に指定され、大規模な河川改修が行われているが、ここ留萌川も昭和63年8月26日に大水害で大きな被害が発生して激甚災害に指定され、5年にわたる河川大改修が行われたと碑文にあった。
また、この留萌川は地元住民が河川と親しめるように「留萌川で遊ぼう」をテーマに河川公園や遊歩道の整備に力を入れているようだ。
河口から美葉牛(びばうし)峠下までの24.8kmについて「留萌川で遊ぼう」の案内板があった。
普通は「川では遊ばない」という注意の立札は見ることが多い中で、この案内板は素晴らしい。
内陸部に入ると、稲穂が黄色く色づいた見慣れた田園風景がつづく。
違うのは山に杉の木が全くないこと、代わりにカラマツやトドマツが生えていること、シラカバの白い幹が目立つことだろうか・・・。
藤山付近で国道から逸れて農道を歩いたが、10日余り放牧地と海岸線の清浄な空気を呼吸してきた鼻は、田んぼの農薬の臭いを敏感に感じ取った。
3.5kmほど農道を歩いて国道232号に復帰した。

色づき始めた稲
幌糠駅は古い車両を利用したような簡単な駅舎だ。
この辺りはソバ畑が目立つ。
幌糠駅 ソバの花

北海道には独特の変わった名前の地名や河川が多いが、幌糠の先にもチバベリと言う変わった名前の川とバス停があり、建設中の高速道の奥でダム建設中だった。
その他、地名で変わっていたのは、昔からあった地名ではなく、新しく開拓した人が付けたのではないかと思われる地名があった。
今日見た地名では「8線」「12線」「15線」「16線」などと言うのがあった。また、「豊」「富」「栄」「開運」などの地名には北海道を開拓した人々の願いがこもっているような気がした。

本州では松枯れで赤松の被害が多いのだが、北海道では本州のような赤松が少ないせいか、松枯れは目立ってはいないが、きょう初めて松枯れしている山を見た。
エゾアカマツだろうか? 数本かれていた。まだ本州ほどではないがやっぱり北海道も徐々に松枯れしているようだ。
本州ではマツの次に、今はナラの木に立ち枯れが進んでいる。
おとといは鰊番屋付近に「ヤママユガ」の一種だろうと思う蛾が道路に大量に落ちていたが、きょうは幌別から美葉牛峠の手前付近に同じ蛾が大量に落ちていた。
その内の半分ほどはまだ動いていたので、昨夜活動した蛾だろうと思う。
近くに幼虫が好む木が多いのだろうか?

美葉牛峠の手前でとうとう傘が必要なほどの雨になってしまったが、幸い大降りにはならず峠を越えたら止んでいた。

美葉牛峠の手前で雨 美葉牛峠 大変分かり易い看板!
花が終わって頭が重そうな「ひまわり」 殆どのひまわり畑はこんな状態 僅かに残っていた夏の名残

北竜町は「ひまわり」で有名な町だ。温泉の近くの「ひまわりの里」には100万本のひまわりが咲いて、8月初旬には一面見渡す限りのヒマワリで埋め尽くされるそうだ。
ひまわり祭りも開催されて大変賑わうそうだが、今回はちょっと時期が遅かったようだ。
歩いてくる途中のヒマワリ畑は花が終わって種をびっしりつけた頭を重そうにうに垂れている畑や、既に漉き込んでしまった畑ばかりだったが、温泉の前の小さな畑には少しだけまだ花のヒマワリが残っていた。
ヒマワリは種を取るために栽培されているのかと思っていたが、この辺りではどうやら観光用だけのものらしい。種がびっしり付いたままトラクターで漉き込まれていた。

道の駅サンフラワー北竜には大型バイクが数十台止まっていた。壮観な眺めだ。
ライダーが日帰り温泉を利用するのにちょうど良い中継地なのだろう。
道の駅サンフラワー北竜 サンフラワーパークホテル

朝が早かったので、今日の宿サンフラワーパークホテルには3時前に着いてしまった。
サンフラワーパークホテルは道の駅サンフラワー北竜に併設されていて、おとぎの国のような造りの2階建だが、部屋は普通の和室だった。
この辺りには「イチイ」の木が自生しているのか「イチイの森」があるらしい。道の駅の植木も「イチイ」づくしだった。

足の調子は3日ほど前から非常に良くなっている。
今年の夏歩いた北陸バージョンで左足に肉刺(まめ)ができた。それが治りきらない内にまた肉刺ができ3重の肉刺になっていたが、それがようやく硬くなって治ってきた。
このぶんだったら昨日秩父別までの43kmも歩けたかも分からない。

データ
  • 2006.09.03(日)
単独
留萌市
2.4km

5:10

5:51

留萌川南9条橋
8.5km

6:01

8:03

藤山駅
5.2km

 

9:21

幌糠駅
8.4km

9:31

11:46

美葉牛峠
11.1km

 

14:57

北竜温泉
歩行距離
35.7km
宗谷岬からの累計距離
340.1km
行動時間
9時間47分
天気
曇りのち晴れ一時雨
宿泊
費用
宿泊 8,800
昼食 315
その他 394
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 留萌市-北竜町