e旅歩き旅 13日目 羽幌町-小平町鬼鹿(おびら・おにしか)

小平町鬼鹿までの28.8kmを歩いた。 海側(西)の空はやや青空があるが、東側には黒い雲があるものの、天気は回復傾向のようだ。
きょうは風があり、長袖でもちょっと寒いくらいだが、地元の人はさすがだ、半袖の人もいる。

(画像はクリックで拡大します)
町外れのコンビニでおにぎり3個とお茶を2本、それに野菜ジュースを2個仕入れた。
昨日も町に入った所に巨大なオロロン鳥に会ったが、きょうも町外れに同じようにオロロン鳥があった。
街外れのオロロン鳥
そこから間もなく苫前町に入った。
苫前町から見る天売島と焼尻島は左右が入れ替わり、高さがある天売島が左、薄く平らな焼尻島が右側に見える。

苫前町にも公共の温泉施設「とままえ温泉 ふわっと」と「オートキャンプ場」夕日を見る「夕陽ヶ丘」があるようだ。
天売島・焼尻島が入れ替わった

この辺りには20~30km毎に同じような施設がある市町村がある。
風力発電風車も同じように回っていた。

海岸からせり上がった小高い丘の上に白い波型の屋根が見える。多分あれが「とままえ温泉 ふわっと」だろう。


「とままえ夕陽ヶ丘 ホワイトビーチ」という海水浴場に真新しい木造の建物が3棟ほど建っていた。
「ココカピウ」という展望レストラン風の建物には「うに丼」の赤い旗がはためいていたが「休業」の札がかかっていた。


ホワイトビーチという命名はどうしてだろう?
海岸の砂は黒かった。(右画像)
何かホワイトの名に相応しいものがあるに違いないと思って探してみたが、ちょっと分からなかった。
きっと何か訳があるのだろう。

夕陽ヶ丘からの眺め 砂浜は黒い

オートキャンプ場
その海岸から遊歩道でオートキャンプ場に登れるようになっていた。隣には真っ白の「とままえ温泉ふわっと」が建っている。
まだ夕日の時間ではなかったが、丘の上からの眺めは、まさに夕陽ヶ丘の名前に相応しいものだった。
「とままえ温泉ふわっと」の波型の屋根は、館内から見上げると白いテント地で作ってあるようで、その柔らかい光が館内に降り注いでいた。
1泊2食付で1万円前後だと言うことだった。
とままえ温泉ふわっと

途中、古代ロマンロードという道があったので、ルートを外れて歩いてみたが、案内板にあった「古代の里」が分からず、行き着くことができなかったので元の道を戻った。
古丹別川に架かる苫前橋のところに「苫前町宿泊施設・苫前温泉 ななかまど館 5km」の案内板と共に、「ベアロード 5km」「ひぐま事件現場 24km」と標識が出ている。どのような事件だったのか知らないが、何となく恐ろしい事を想像してしまう。

次第に丘の上にたくさん並んでいる風力発電風車が近くなってくる。数えてみたら39基あった。
風車の丘に延びる道からバイクが1台下って来た。見晴らしを尋ねてみると、「たくさんの風車は壮観ですが、草が高いのでいい写真が撮れるかどうかは分かりません」という返事だった。取り敢えず登ってみた。

キャンプ場の分岐点から更に延びている道を歩けばいいポイントがありそうな気がするが、GPSが表示している地図ではその先が行き止まりで国道へ下りる道がないことになっている。
そんな筈はないような気がするが、もし行き止まりだったら往復4km以上は覚悟しなければならないので、ここはGPSの地図を信じてキャンプ場から国道に下りるルートを選んだ。
ここにも39基の発電風車
力昼の集落を流れる川は「番屋の沢」となっていた。
鰊番屋があったのだろうか?
力昼を過ぎると湾の向こうに鬼鹿の街が見えてきた。
団地のような四角い白い建物が数棟建っているのが見える。
けっこう大きな街のようだ。
この辺りは冬の風雪が厳しいのだろう。家々は屋敷の周囲を高い板塀で囲ってある
今日の目的地鬼鹿が見えて来た この辺りは冬の風雪が厳しいのだろう。家々は屋敷の周囲を高い板塀で囲ってあって、玄関に通じる部分だけが開いている。
鬼鹿の入口には、地図にはなかった海に突き出た人工の陸地があり、そこへの道は「時の道」となっていて、先端には巨大な日時計があった。
海に突き出た「時の道」 巨大な日時計

これまでの各市町村は○○ビーチと銘打った浜辺を備えていて、小平町鬼鹿のこの浜辺は日時計の両側に円形の砂浜「ツインビーチ」を整備中で工事が行われていた。
今日の宿は先程見えていた公営住宅風の四角い建物の前だった。

データ
  • 2006.08.31(木)
単独
羽幌町
7.4km

7:30

9:21

とままえ温泉ふわっと
5.2km

 

10:52

苫前橋
2.6km

 

11:32

風力発電風車群
3.7km

 

12:35

力昼
8.1km

 

14:53

時の道日時計
1.7km

 

15:17

鬼鹿
歩行距離
28.6km
宗谷岬からの累計距離
263.9km
行動時間
7時間48分
天気
曇り一時晴れ
宿泊
費用
宿泊 6,000
昼食 300
その他 406
その他は お茶・牛乳・野菜ジュース・おやつ・入館料・ランドリーなど
アーカイブ

現在位置: ホームe旅歩き旅メニュー > 羽幌町-小平町鬼鹿