ホームページ作成支援ツール・やり直しの省力化

ホームページ作成支援ツールで、やり直す場合、前回入力したデータを再入力する手間を省くために、入力したデータを inpdata.txt にテキストデータとして残しておいて、次回やり直す場合は、その inpdata.txt を読み込むように作成している。

しかし、INPUT-BOXがテキストタイプの場合は、初期値のデータとしてテキストを読み込むことが可能だが、ファイルタイプの場合は初期値を読み込むことはできない仕様になっている。
これはセキュリティ上の理由によるらしいので、ユーザー側では何ともしようがない。
そこで、苦肉の策として、テキストタイプのBOXとファイルタイプのBOXを並べて表示し「参照ボタン」でファイルを選択すると、そのデータがテキストタイプのINPUT-BOXに即転記されるようにし、プログラムではそのデータを読み込むようにした。

これによって、やり直す場合も画像ファイル名などのデータを再入力する手間を省けることになる。

具体的には、こんな感じ

Sub fnameCopy()
    fomlen = Document.forms("fom").Length - 1
    for i=0 To fomlen
        Select Case i
            Case 15,17,19,35,39,43,47,51,55,59,63,67,71,75,79,83,87,91,95,99,103,107,111
                If Document.forms("fom").item(i).Value <> "" Then
                    Document.forms("fom").item(i-1).Value = Document.forms("fom").item(i).Value
                End If
        End Select
    Next
End Sub


Sub impcopy()
    inpDate = DateValue(fom.pdate.value)
    dateFolder = Mid(Replace(CStr(inpDate), "/", ""), 3) 
    impFilePath= desktopPath & "\impdata.txt"
    If objFso.FileExists(impFilePath) = True Then
        Set objtxIn = objFso.OpenTextFile(impFilePath)
        i=0
        Do Until objtxIn.AtEndOfStream = True
            myDat = objtxIn.ReadLine()
            If i>0 Then
                Select Case i
                    Case 5,6,7,8,9,10,11,12,20,21,22,23,25,29,33
                        Document.forms("fom").item(i).checked = myDat
                    Case Else
                        Document.forms("fom").item(i).Value = myDat
                End Select
            End If
            i = i+1
        Loop
    End If
End Sub


Sub subimpCreate()
    Set objTxOut2= objFso.CreateTextFile(desktopPath & "\impdata.txt")
    txOut = ""
    fomlen = Document.forms("fom").Length - 1
    For i=0 To fomlen
        txOut = txOut & fomData(i) & vbCrLf
    Next
    objTxOut2.Write(txOut)
    objTxOut2.Close()
End Sub
データ
  • 2013.05.10(金)
アーカイブ

現在位置: ホームなんでも日記メニュー > このページ